自宅の電磁波測定と対策:電磁波デトックスの方法

今回のコラムは、自宅の電磁波対策についてお伝えしたいと思います。電化製品が増える現代社会において、我々の身の回りにはさまざまな電磁波が存在しています。特に、我が家の中でも、さまざまな場所において、気をつけるべきポイントが存在します。

キッチン

まず、キッチン周りですね。冷蔵庫やIHクッキングヒーターなど、電化製品が多く使われる場所です。ガスコンロを使用する場合は電磁波の心配はありません。しかし、IHの場合、電磁波対策がしっかりされているかどうかは重要です。IHでも電磁波対策がされているものを使用しましょう。電化製品の配置や距離に注意が必要です。

リビング

また、リビングルームにおいても、テレビやエアコンなどの電化製品が多く使われます。これらの電化製品からの電磁波は、適切な距離を保つことで軽減できます。テレビやエアコンから離れることで、影響を最小限に抑えることができます。一方で、ソファ周りには注意が必要です。ソファの近くに複数の電化製品が集まると、それぞれのコンセントからの電磁波の影響が重なってしまうことがあります。電化製品をまとめて一か所に配置し、距離を保つことで対策が可能です。距離については、実際に、電磁波測定を行うことが必要となります。

寝室

そして、一番大切な寝室ですね。寝る前にスマートフォンやタブレットを使用して、動画を視聴することが多いと思います。電磁波の影響を受ける可能性があります。特に、充電しながら使用することは避けたほうが良いでしょう。電化製品を離した状態で充電することが大切です。また、ベッド周りでも同様に注意が必要です。枕元に電化製品を置くことは、なるべく避けましょう。できるなら、1m以上の距離を保つようにしましょう。また、電化製品は、1カ所に集めることをオススメします。これによって、寝る環境を整え、快適な睡眠をサポートすることが可能になります。1mだから大丈夫かどうかについては、際に、電磁波測定を行うことが必要となります。

トイレ

さらに、トイレの電化製品も注意が必要です。ウォシュレットなど電気を使用するトイレは、なるべく短時間で使用するように心がけましょう。特にウォシュレットは電磁波対策が難しい面もありますので、使用時間を短くすることで影響を軽減することを心がけましょう。

まとめ

ここまでご紹介した電磁波対策は、電磁波の影響を軽減するための基本的な方法です。ただし、具体的な影響は個々の環境によって異なるため、状況に応じて電磁波測定を行うことをオススメします。電磁波測定を通じて、自宅の環境を確認することができます。気になる方は、専門家に相談してみることをオススメします。電磁波デトックスの方法をアドバイス、ご提案することも可能です。

電磁波対策は、健康的な生活を送るために欠かせない要素になってきました。自宅のあらゆる場所で、電化製品を適切に配置し、距離を保つことで、快適な生活環境を築いていきましょう。自宅での電磁波対策について、ぜひ一度考えてみてください。

電磁波について、気になる方は、こちらをご覧ください。

Report

電磁波デトックス

(アーシング)
レポート申し込み

アーシングは、スピリチュアルではなく、電磁波デトックスです。

テレワークやzoomが増えて、体の調子が

悪いと感じている方、


帯電している電気を逃すことで解消するかもしれまん。

しかし、電磁波デトックス(アーシング)をネットで調べてみると、間違っている情報がけっこうあります。

まずは、「電磁波デトックス(アーシング)

とは何か?
」知ることから


始めませんか?

料金

550円(税込)

contact

お問い合わせ

電磁波に関するご質問やお悩みなど


お気軽にお問い合わせください。