睡眠が浅い原因は?

近年、現代人の生活習慣において「睡眠が浅い」という問題があります。その原因の一つとして、就寝前のスマホ利用が挙げられます。本コラムでは、質の高い睡眠を確保するための生活習慣の見直し、特にスマホ利用や充電の方法、コンセントの位置、スマホのアラームの設定など、睡眠の質を向上させるための実用的なアプローチをご紹介します。

スマホと睡眠の質の関係

スマホのブルーライトが睡眠に及ぼす影響

PC、スマホやタブレットなどのデジタルデバイスから発せられるブルーライトは、私たちの体内時計に影響を及ぼすといわれています。そのため、メラトニンの分泌を抑制するそうです。メラトニンは睡眠を誘うホルモンであり、その分泌が抑えられてしまうということです。これによって、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなり、深い睡眠を取ることができなくなることが考えられます。

就寝前のスマホ利用を控える

就寝前1時間はスマホやタブレットの使用を避けることが推奨されています。代わりに、リラックスできる音楽を聴く。紙の本を読む。目に優しい活動を心がけましょう。心を落ち着かせることもできるので、良いと思います。

スマホの充電方法と睡眠の質

就寝時のスマホ充電の仕方に注意!

スマホをベッドの枕元で充電することは、避けましょう。睡眠中に無意識にスマホをチェックする誘惑につながるかもしれません。睡眠の質を低下させることにつながります。充電はリビングなど、寝室以外の場所で行うことをオススメします。

コンセントの位置の工夫

寝室内のコンセントの位置を確認しましょう。スマホをベッドから離れた場所で充電できるようにしましょう。これにより、スマホを手に取る動作を物理的に制限することができます。睡眠の妨げを減らすことができます。

アラームの賢い活用法

アラームの選択と設定

起床時のアラーム音は、心地よいものを選びましょう。突然大きな音で目覚めると、心身ともにストレスを感じやすくなります。また、スマホを使用するのではなく、従来型の目覚まし時計を使用することも一つの方法です。いきなり、スマホから目覚まし時計にすることによって、いつも慣れた音ではないため、起きることができないかもしれないということです。

スマホを使う場合の工夫

スマホのアラーム機能を利用する場合は、枕元に置くのではなく、1mほど距離を離しましょう。1m離すだけで、スマホのアラームを消すために、物理的に起きる必要があります。スマホのアラームを消して、二度寝してはダメですよ!

質の高い睡眠を得るためのその他のヒント

定時に就寝する

体内時計を整えるためには、毎日同じ時間に寝ることが重要です。週末に限らず、平日も規則正しい生活リズムを心がけましょう。平日、週末を問わず、同じ時間に起きることが良いといわれています。

リラックスするためのルーチンを作る

就寝前のリラックスタイムを設けることで、心身ともにリラックス状態へと導きます。お風呂にゆっくり浸かる。アロマテラピーを利用する。本を読むなど、自分に合った方法を見つけましょう。

まとめ

質の高い睡眠を得るためには、生活習慣の見直しが必要となります。生活習慣の見直しは、日常生活のルーチンを変えることにつながります。そのため、慣れるまでは、辛いかもしれません。特に、スマホの使用方法、充電の習慣、アラームの設定には注意が必要です。これらの小さな工夫が、より良い睡眠へとつながります。日々の生活の中で実践し、健康的な生活を目指しましょう。

スマホと電磁波について

電磁波については、

一般社団法人 日本電磁波協会

Report

電磁波デトックス

(アーシング)
レポート申し込み

アーシングは、スピリチュアルではなく、電磁波デトックスです。

テレワークやzoomが増えて、体の調子が

悪いと感じている方、


帯電している電気を逃すことで解消するかもしれまん。

しかし、電磁波デトックス(アーシング)をネットで調べてみると、間違っている情報がけっこうあります。

まずは、「電磁波デトックス(アーシング)

とは何か?
」知ることから


始めませんか?

料金

550円(税込)

contact

お問い合わせ

電磁波に関するご質問やお悩みなど


お気軽にお問い合わせください。