アースの重要性とスマートフォンにおける電磁波対策

近年、私たちの生活には欠かせない存在となったパソコンやスマートフォンです。パソコンは、デスクトップ型とノート型で異なりますが、ノートパソコンとスマートフォンは、電源をコンセントにつなぐことで充電することができます。また、使用することができます。充電できた状態であれば、バッテリーを用いて、使用することが可能です。特に、外出時にはスマートフォンを持ち歩くことが欠かせない状況になっているでしょう。外出した時に地図を確認する時でさえ、スマートフォンのアプリに頼っているからです。

低周波の電磁波

前回までのコラムにおいて、電源をコンセントに指していた場合には、低周波の電磁波が発生することをお伝えさせていただきました。電源に差し込むことによって、交流の電気を供給することになり、低周波の電磁波が発生してしまうからです。一方で、バッテリーを用いて、スマートフォンを使用する場合には、バッテリーが直流で動作するため、基本的には低周波の電磁波を発生しません。ただし、スマートフォンの場合、4Gや5Gなどの高周波の電磁波を受信することでインターネットにつながります。高周波については、意図して飛ばしているため、対策を行うことが難しいです。

高周波の電磁波対策は難しいとしても、低周波の電磁波対策は、「どうすれば良いのか?」という疑問が浮かぶかもしれませんが、ご安心ください。低周波の電磁波対策には方法が存在します。しかし、私たちは電磁波を完全に取り除くことが難しいということは理解しておく必要があります。大切なのは、適切な方法で電磁波の影響を軽減することです。

バッテリー

バッテリーを用いて、スマートフォンを使用する場合には、今まで通りに使用することになります。ただし、スマートフォンを使用する時間は、短くできるようであれば、短くするほうが良いです。

スマートフォンを充電する際に気を付けるべきポイントがあります。スマートフォンを充電する際に、低周波の電磁波が発生します。そのため、スマートフォンを充電する際には、体から1mほど離しておくことをオススメします。実際に、低周波の電磁波を測定してみると、体から1mほど離しておくことで、低周波の電磁波の基準値以下になることが多いためです。

スマートフォンの充電で注意した方が良いこと

逆に、スマートフォンを充電する際にやめたほうが良いことは、

・充電しながら、スマートフォンを操作する。

・充電しながら、スマートフォンで話す。

・枕元で充電してながら、寝る。3つの習慣を行なっている方は多いかもしれません。特に、寝ている間は注意が必要です。スマートフォンから発せられる高周波と低周波の電磁波にさらされている時間が長いため、この状況を見直す必要があります。

寝る時

枕元で充電してながら寝るという方が多い理由の一つとして、スマートフォンを目覚まし時計として使用しているということです。スマートフォンを目覚まし時計として使用場合には、スマートフォンを少なくとも1メートル以上離しておくことをオススメします。この距離を確保することで、電磁波の影響を軽減できます。実際に目覚ましを止めるには起きなければならないため、目覚ましの効果も高まります。

これらの方法を実践することで、私たちは電磁波からの影響を軽減することができます。

まとめ

私たちの日常生活において、パソコンやスマートフォンの利用は欠かせないものとなりました。しかし、その際に気を付けるべき電磁波の影響を、適切な対策により、軽減できることが分かりました。安全で健康なパソコンやスマートフォンの利用を心がけながら、快適な日常を過ごしましょう。

電磁波について、気になる方は、こちらをご覧ください。

Report

電磁波デトックス

(アーシング)
レポート申し込み

アーシングは、スピリチュアルではなく、電磁波デトックスです。

テレワークやzoomが増えて、体の調子が

悪いと感じている方、


帯電している電気を逃すことで解消するかもしれまん。

しかし、電磁波デトックス(アーシング)をネットで調べてみると、間違っている情報がけっこうあります。

まずは、「電磁波デトックス(アーシング)

とは何か?
」知ることから


始めませんか?

料金

550円(税込)

contact

お問い合わせ

電磁波に関するご質問やお悩みなど


お気軽にお問い合わせください。