電場、磁場、波についての基本的な理解

現代の科学文明を支えている電気エネルギーには、電磁波が関連しています。交流電気の副産物として発生するこの電磁波について、基本的な理解を深めましょう。

電磁波とは?

電磁波とは、異なる性質を持つ電場と磁場が関連して伝わる波のことです。私たちの日常生活において電磁波はさまざまな形で存在しており、その意味と性質を以下で探ってみましょう。

電場と磁場と波

電場は、コンセントプラグを差し込んだ時点で発生する電気の通るコード類や機器などに関連します。この電磁波は四方八方に伝播し、皮膚表面や自律神経を刺激し、変化を及ぼす可能性があります。電場はボルト・パー・メートル (V/m) で表されます。

磁場は、電化製品のスイッチを入れた時点で発生します。磁場は物質を通り抜けて、電磁誘導により熱変化を引き起こす特性があります。この磁場による影響はナノテスラ (nT) やミリガウス (mG) で表されます。

波は振動が隣から隣へ伝わっていく現象のことを指します。これを周波数といい、ヘルツ (Hz) で表されます。放送電波や無線電波などがこの波の一例です。

交流と直流

交流はコンセントから供給されています。交流電気は時間的に電圧が変化して振動して周波数を持ち、電磁波が出ています。直流は電池で供給されます。時間的に電圧の変化がないので電磁波は出ないです。

電磁波の種類と影響

電磁波は高周波と低周波に分類されます。高周波は400kHz以上であり、公共の放送や通信、Wi-Fiの電波などが含まれます。一方、低周波は400kHz以下であり、私たちが使用している電気の周波数も含まれます。

低周波の電磁波は、交流電気の副産物として家電製品や事務機器から伝播します。その影響は人体に大きな負荷をかけ、社会生活にも影響を及ぼしています。この問題への対策が求められており、具体的な方法を考える必要があります。

低周波の電磁波

低周波の電磁波(以下電磁波と言います)とは、交流電気の副産物として電気配線、家電製品、事務機器等から伝播して来ます。人体に大きな負荷となってきています。社会生活に影響を与えてきています。この家電製品等の電磁波を測定し、対策を考え影響の軽減を図る事が求められています。

(1) 電場は自律神経や皮膚表面に変化を及ばす可能性があります。アースをすることで解決できる可能性があります。

(2)磁場は遺伝子損傷や内臓疾患、発がんの可能性があります。機器類と人体の距離を取ることで解決することができます。

電磁波の社会的経過と背景

日本の電気の使用量は、家電製品や事務機器の普及により、この50年で10倍になりました。それに伴って家屋内の配線の長さが、平均で150mから1,000m程になりました。多くの国においてコンセントのアース接続は義務化されていますが、日本はこの義務化はなされておりません。

電場は空中のごみを集めます。アレルギーの原因になる可能性があります。視神経への影響も懸念されています。生物体の働きは微量の電流(直流)で行われています。電磁波の電場が関与すると、働きが疎外され悪影響が出ることがあります。家電製品や事務機器のアース接続が必要になってきています。

電磁波への対策方法

電磁波に対する対策は、高周波と低周波で異なります。

高周波対策:

  • テレビやラジオ、Wi-Fiなどの機器はできるだけ体から離して使用することをおすすめします。
  • 携帯電話の使用時には有線イヤホンを使うか、使用時間を短縮し、電話を耳から離すように心掛けましょう。

低周波対策:

原則

(1)電荷を身体にためない。

(2)身体にたまった電荷を、アースをして逃がす。

対策の方法

(a)アース接続が可能な場合は、アース接続を行うことで電磁波の影響を軽減できます。

(b)使用しない機器はコンセントを抜くようにし、長時間近づかないように心掛けましょう。

電磁波に対する対策は、自分や家族の健康を守るために重要です。適切な知識を持ち、日常生活で工夫することで、電磁波からの影響を最小限に抑えましょう。

電磁波について、気になる方は、こちらをご覧ください。

Report

電磁波デトックス

(アーシング)
レポート申し込み

アーシングは、スピリチュアルではなく、電磁波デトックスです。

テレワークやzoomが増えて、体の調子が

悪いと感じている方、


帯電している電気を逃すことで解消するかもしれまん。

しかし、電磁波デトックス(アーシング)をネットで調べてみると、間違っている情報がけっこうあります。

まずは、「電磁波デトックス(アーシング)

とは何か?
」知ることから


始めませんか?

料金

550円(税込)

contact

お問い合わせ

電磁波に関するご質問やお悩みなど


お気軽にお問い合わせください。