事務所の環境と電磁波対策の事例

近年、電子機器や家電製品の普及により、私たちの日常生活には電磁波が満ちています。特にオフィス環境では、パソコンやスマートフォンなど、さまざまな家電製品が使用されており、その影響を考える必要があります。今回のコラムでは、オフィス環境の測定事例をきっかけに電磁波への注意点や対策について、具体的な事例をもとに探ってみましょう。

事務所における家電製品

事務所内での家電製品の配置には注意が必要です。パソコンやプリンター、スキャナーなど、さまざまな機器が使用されているでしょう。これらの機器は、使用時に電磁波を発生させます。特に、事務所のデスク周りでは機器が多くなりがちですので、電磁波が高くなる傾向があります。しかし、電磁波は、電磁波対策(電磁波デトックス)を施すかどうかで大きく異なります。

電磁波対策を行わない場合、電磁波は非常に高くなる可能性があります。一方で、電磁波対策(電磁波デトックス)を施すことで電磁波を軽減することができます。例えば、デスク周りに配置された家電製品に電磁波対策(電磁波デトックス)を施すことで、デスク環境全体の電磁波を低く保つことが可能です。

休憩スペース

また、オフィス内には、ちょっとした仕事の合間に利用されるスペースも存在します。こうしたスペースにも、冷蔵庫や電子レンジなど、家電製品が使われることがあります。特に冷蔵庫の場合、電磁波対策(電磁波デトックス)をするかしないかで大きな違いが出ることがあります。ガスを使うことができない場合には、IHクッキングヒーターを用いる場合があります。IHクッキングヒーターは、製造された年代によって、電磁波の発生が抑制されたものがあります。しかし、電磁波測定を行わなければ、わからないものです。気になるようであれば、電磁波測定を依頼することをオススメします。こうしたエリアでは、電磁波の値を抑えるために、適切な対策が求められます。電磁波対策(電磁波デトックス)をすることで、電磁波の値を抑えつつ、快適な休憩スペースを維持することができます。

事務所における電磁波対策

オフィス内での電磁波対策について、具体的な方法も考えてみましょう。まず、電磁波の発生源から遠ざけることが大切です。特に暖房機器の場合、遠くから使用することで、電磁波の影響を最小限に抑えることができます。また、コンセントの配線も注意が必要です。壁の中に入ってしまった配線は見えないため、実際に電磁波測定を行うことで確認することが重要です。電磁波対策を行う際には、個々の家電製品やエリアに合わせた対策を検討することがポイントです。例えば、家電製品の配置を工夫したり、電磁波を遠ざける方法を採用したりすることで、快適なオフィス環境を実現できます。

電磁波を測定してみると色々とわかる

最後に、電磁波の測定についても考えてみましょう。オフィス内のさまざまなエリアで、実際に測定を行うことで、どの場所でどれだけの電磁波が発生しているのかを把握することができます。測定結果に基づいて、適切な対策を施すことで、電磁波の影響を最小限にしながら、快適な作業環境を実現できるのです。

電磁波対策は、オフィス環境を快適に保つために重要な要素です。電化製品の適切な配置や対策を考えることで、電磁波の影響を最小限にし、健康的な作業環境を確保することができます。また、電磁波測定を通じて、状況を把握して、効果的な対策を施すことも大切です。オフィス内の電磁波対策を考える際には、ぜひこれらのポイントを参考にしてみてください。快適に仕事を行う環境を作ることで、仕事へのモチベーションを上げることができると思います。その上で、売上、利益がUPできるといいですね!

電磁波について、気になる方は、こちらをご覧ください。

Report

電磁波デトックス

(アーシング)
レポート申し込み

アーシングは、スピリチュアルではなく、電磁波デトックスです。

テレワークやzoomが増えて、体の調子が

悪いと感じている方、


帯電している電気を逃すことで解消するかもしれまん。

しかし、電磁波デトックス(アーシング)をネットで調べてみると、間違っている情報がけっこうあります。

まずは、「電磁波デトックス(アーシング)

とは何か?
」知ることから


始めませんか?

料金

550円(税込)

contact

お問い合わせ

電磁波に関するご質問やお悩みなど


お気軽にお問い合わせください。