アースの基本と重要性を知ろう!

アーシングを理解する

前回のコラムで、アーシングはスピリチュアル ではないとお伝えしました。アーシングについて、理論的な理解が非常に重要です。そこで、電気(電荷)が体に蓄積すると、不調を引き起こす可能性があるのでしょうか。この点を理解することが必要です。まず、電気(電荷)が体に蓄積するとはどういうことなのか、そのメカニズムについて説明します。

帯電障害

この現象は「帯電障害」とも呼ばれています。さまざまな症状が知られており、疲労感や肩こり、静電気の体質などが挙げられます。多くの方が、だるさや体調不良を感じる際に、原因を突き止めるのに苦労されているかもしれません。それは、体内の電気のバランスが崩れることによるものです。この変化が徐々に起こるため、わずかな不調が次第に現れ、症状として表れるのです。

原因不明の体調不良という状態に悩む人も多いかと思います。しかし、その中には、帯電障害が一因となっている可能性があることを頭に入れておくと良いでしょう。冷え性や肩こり、頭痛、腰痛など、少しずつ現れるこれらの症状が、実は帯電障害によるものかもしれません。もちろん、これ以外にもさまざまな要因が考えられますが、帯電障害もその一つとして覚えておくことは重要です。

体は神経を通じて電気的な信号を伝えることで動いています。この電気的な伝達が妨げられたり、伝達に不具合が起きると、体調不良が引き起こされる可能性があります。体の調子が悪いけれど、具体的な原因がわからない、という場合には、帯電障害を考慮に入れてみると良いでしょう。

日本における電力使用量

日本において、過去50年間で電力使用量がどれくらい増えたか、お考えになってみてください。

実は、この期間で電力使用量は約10倍に増加しました。1965年から2015年までの東京において、電力使用量はだいたい10倍に達しています。この増加は2005年以降、省エネの取り組みも影響していますが、それでも約10倍ということです。この数字を知ることは、電気の性質を理解する上で大切な要素です。電気の性質を理解すれば、対策を考える際の基盤が築けます。

電気の性質を知る!

電気は流れる性質を持っており、高い電位から低い電位へと流れます。このことを知っておくだけで、電気の基本的な性質について理解が深まります。電化製品にはアースを接続する必要がありますが、なぜそのような対策が必要なのでしょうか?それは、電化製品が故障した際に、漏電が起きる可能性があるからです。漏電が発生すると、人が感電するリスクがあります。アースとは、漏電した場合においても、地中に逃がすことで、人が感電しないようにするための対策です。地中への逃がすことで、感電のリスクが軽減されます。

アースについて知ろう!

アースが存在すれば、感電のリスクは低くなります。アースは、電気の性質を理解し、安全対策を考える上で重要な要素であるにもかかわらず、日本のコンセントには、アースが存在しないことが多いです。

さきほどからお伝えしているように、アーシング、つまりアースすることは、地中に電気を逃がすことです。アースは漏電を防ぐために行われます。コンセントの中にはアース用のプラグもあり、これを使うことで安全性を高めることができます。電気の基本的な性質を理解し、アースの重要性を認識することで、より安全な生活を送ることができます。

生活に不可欠な電気だからこそ、理解する!

仕事をする時、zoomで打ち合わせをする時、動画を見る時など、パソコン、タブレット、スマートフォンなどを、電源に接続されているでしょう。電源に繋がっていることで、これらのデバイスは動作しています。このように、電気は機器を動かすために不可欠な要素です。電気は、高い電位から低い電位に流れることから、電源を差し込んだ機械から人に流れてしまいます。そのため、人に電気(電荷)が溜まることになります。そのため、正しい知識を持ち、安全に取り扱うことが大切です。電気の基本的な性質を理解し、アースの役割を知ることで、より安全な生活を実現することが可能になります。

電磁波について、気になる方は、こちらをご覧ください。

Report

電磁波デトックス

(アーシング)
レポート申し込み

アーシングは、スピリチュアルではなく、電磁波デトックスです。

テレワークやzoomが増えて、体の調子が

悪いと感じている方、


帯電している電気を逃すことで解消するかもしれまん。

しかし、電磁波デトックス(アーシング)をネットで調べてみると、間違っている情報がけっこうあります。

まずは、「電磁波デトックス(アーシング)

とは何か?
」知ることから


始めませんか?

料金

550円(税込)

contact

お問い合わせ

電磁波に関するご質問やお悩みなど


お気軽にお問い合わせください。