テレワーク中のオフィス環境での電磁波への注意

コロナウィルスの影響によりテレワークが増えた方が多いのではないでしょうか?

そして、コロナウィルスの影響が少なくなり、テレワークと会社のオフィスの両方で働く機会が増えていると思います。

テレワークでは、自宅のオフィスで業務を行っていると思います。快適なオフィス環境を整える一方で、我々は電磁波に関する注意喚起を怠るべきではありません。本記事では、テレワーク中や会社のオフィスにおいて、電磁波対策を行う方法と、電磁波から身を守る重要性について考察してみましょう。

テレワークとオフィス環境

テレワークが広がる中で、自宅が新たなオフィスとなっています。さらに、コロナウィルスの影響以前のように会社に出社する日もあると思います。オフィスの環境整備は適切に行うべきです。まず、配線の状況を確認しましょう。OAタップを使用してデバイスを接続していると思います。接続するものが多ければ、多いほど、電磁波を少なくすることが可能です。使っていないものは、コンセントから抜きましょう。これにより、電磁波の発生を最小限に抑えることができます。

電磁波への注意

電磁波は、我々の身の回りに存在しており、スマートフォンやワイヤレスデバイスから発生する高周波と家電製品をコンセントに接続して発生する低周波があります。テレワーク中には、高周波と低周波を頻繁に使用されるため、その影響を考慮することが重要です。電磁波は、過度な暴露によって健康問題を引き起こす可能性があるとされています。特に、低周波に対する対策を行っていないことが多いため、体に電磁波(電荷)を溜めている人が多いです。静電気でバチバチする方は、低周波における電磁波の対策を行うことをおすすめします。

オンラインミーティングと電磁波

テレワーク環境では、オンラインミーティングが欠かせません。しかし、ビデオ通話や音声通話に使用されるデバイスからの電磁波は、近距離での影響が懸念されています。オンラインミーティングに、パソコンなどの電源が落ちるわけにはいきませんので、コンセントに接続して、使用することがほとんどであると思います。そして、オンラインミーティングは、比較的長いことが多いため、低周波の電磁波によって、体に電磁波(電荷)を溜める機会が多くなります。

電磁波対策の重要性

電磁波対策は、健康面だけでなく、仕事の生産性向上にも影響を与える要素です。過度に電磁波を浴びることは、頭痛や疲労感などの症状を引き起こす可能性があります。適切な配置や適切なデバイスの使用を通じて、これらのリスクを軽減しましょう。電磁波対策について、インターネットにて、検索すると数多くの方法を確認することができます。効果がないものや効果が期待できないものもあります。専門家にアドバイスをもらうことをおすすめします。

まとめ

テレワークが普及する中、オフィス環境の整備は健康と生産性の観点から重要です。電磁波対策を行い、健康なオフィス環境を整えながら、快適なテレワークを実現しましょう。

電磁波について、気になる方は、こちらをご覧ください。

Report

電磁波デトックス

(アーシング)
レポート申し込み

アーシングは、スピリチュアルではなく、電磁波デトックスです。

テレワークやzoomが増えて、体の調子が

悪いと感じている方、


帯電している電気を逃すことで解消するかもしれまん。

しかし、電磁波デトックス(アーシング)をネットで調べてみると、間違っている情報がけっこうあります。

まずは、「電磁波デトックス(アーシング)

とは何か?
」知ることから


始めませんか?

料金

550円(税込)

contact

お問い合わせ

電磁波に関するご質問やお悩みなど


お気軽にお問い合わせください。