テレワークと健康:電磁波の影響を考えてみよう!

2級電磁波測定士の事例

2020年、突如としてコロナウイルスが襲来し、我々の生活は大きく変わりました。緊急事態宣言が発令され、外出自粛が呼びかけられ、多くの人々がテレワークに切り替えざるを得ない状況となりました。オンライン会議が増え、移動時間の短縮は便利な一方で、会議と会議との時間が短縮されたことによって、切り替えが難しくなる側面も浮き彫りになりました。弊社も例外ではなく、テレワークの時間が増加しました。テレワークは効率的でありながら、意外にも体調に影響を及ぼすことがあります。

体調の変化

肩こりや頭痛、腰痛などの症状が現れた方もいるでしょう。私の場合、さらに、やる気が出ない、疲れが取れないなどの症状も現れました。仕事の効率が下がるため、仕事が長引き、溜まり、負の連鎖の状態となりました。そうなると、ストレスが増大することは避けられません。まさに、悪循環です。

そこで、私はなぜこんなに調子が悪いのか、何か原因があるのではないかと考えるようになりました。理系出身で技術系のバックグラウンドを持つ私は、色々と調べてみました。その結果、私の場合には、電磁波の影響が私の健康に関与している可能性が浮かび上がってきました。テレワークが増える中、オンライン通信が急増し、私たちの身体にどのような影響を与えているのか、真剣に考える必要があると感じました。

電磁波は私たちの身の回りに溢れています。スマートフォンやパソコン、Wi-Fiルーターなど、日常的に使用しているデバイスから発せられる電磁波。これが私たちの体にどのような影響を及ぼしているのか、その重要性を改めて認識しました。

電磁波対策をはじめた理由

そこで私は、電磁波デトックスアドバイザーとしての活動を始めました。電磁波協会からの測定データだけでなく、自ら電磁波の測定を行うとともに、電磁波に対する対策も行いました。自ら、電磁波対策を行うことによって、私の健康が改善されたことによって、電磁波の影響を多く受けていることがわかりました。そこで、テレワークを行う場合においても、電磁波の影響を極力減らすために、アドバイスを行っています。仕事において生産性を保ちつつ、体調を崩すことなく過ごすための方法を提案しています。

弊社のコラムでは、電磁波について、基礎的な内容から対策、事例などさまざまな内容をお伝えしていきます。

新しいライフスタイルのために

テレワークが私たちの健康に与える影響、電磁波デトックス(アーシング)方法について共有させていただきます。コロナウィルスの影響がほぼなくなり、今まで通りの生活に完全に戻ったわけではありません。オンラインで可能なことは、オンラインで行う時代に変化したわけです。オンラインの時代だからこそ、私たちの健康を守りながら仕事を進める方法を見つけていくことが重要です。

テクノロジーの進化が進む中で、私たちは電磁波の影響を受ける一方で、その健康への影響も意識しなければなりません。健康な体で仕事に取り組むためには、電磁波と上手に付き合いながら、新しいライフスタイルを築いていくことが大切です。

電磁波について、気になる方は、こちらをご覧ください。

Report

電磁波デトックス

(アーシング)
レポート申し込み

アーシングは、スピリチュアルではなく、電磁波デトックスです。

テレワークやzoomが増えて、体の調子が

悪いと感じている方、


帯電している電気を逃すことで解消するかもしれまん。

しかし、電磁波デトックス(アーシング)をネットで調べてみると、間違っている情報がけっこうあります。

まずは、「電磁波デトックス(アーシング)

とは何か?
」知ることから


始めませんか?

料金

550円(税込)

contact

お問い合わせ

電磁波に関するご質問やお悩みなど


お気軽にお問い合わせください。