デスクワーカー必読!電磁波に注意して健康なテレワーク生活を送ろう

デスクワーカー必読!電磁波に注意して健康なテレワーク生活を送ろう

近年、デスクワーカーにとって電磁波の影響は避けて通れない問題となっています。パソコン、スマホなど、我々が日常的に使用するデジタルデバイスを通じて、zoomなどを用いる機会が増えています。Zoomなどを使う時に、Wi-FiやBluetoothなどの電磁波を使うことになります。

本記事では、デスクワークにおける電磁波の影響と、健康なテレワーク生活を送るための対策について、詳しくご紹介します。

電磁波の影響とは?

パソコン、スマホなどを使用によって、高周波の電磁波を使用しています。

電磁波は、人体に対してさまざまな影響を及ぼす可能性があります。頭痛や疲労感、集中力の低下などの不調が現れることがあります。特に、長時間にわたり使用する人は、注意しましょう。

電磁波を受けているデスクワーカーのリスク

特にテレワークを行うデスクワーカーは、長時間デジタル機器に接しているため、電磁波の影響を受けやすい状況にあります。オンラインミーティングや業務のためにZoomを頻繁に使用することがあると思います。パソコンの電源をコンセントに繋いでいる場合には、電磁波に注意が必要です。

さらに、Wi-FiやBluetoothの使用も避けられません。

電磁波対策のポイント

デスクワークを行う際に電磁波の影響を軽減するために、以下のポイントに注意しましょう。

スピーカーを使用し、通話時間を減らす

長時間の通話は、顔や頭部に近づけたスマホからの電磁波の影響を高める可能性があります。スピーカー機能を活用して、通話時間を減らしましょう。

有線イヤホンの使用

Bluetoothイヤホンは電磁波の影響を非常に受けやすい機器になります。一方で、有線イヤホンの場合は電磁波の影響を軽減できます。長時間の音楽や通話を行う際には、有線イヤホンの使用を検討しましょう。

デジタルデトックスを実践

長時間デジタル機器に接していると、電磁波以外にも目や脳への負担が増えます。定期的なデジタルデトックスを行い、目や体を休める時間を作りましょう。

環境整備と工夫

デスク周りの環境整備や工夫も、電磁波対策に役立ちます。

ワイヤレスデバイスの距離を確保

デスク上に置かれるWi-FiルーターやBluetooth機器は、なるべく離れた場所に設置しましょう。距離を確保することで、電磁波の影響を軽減することができます。

電磁波の軽減

パソコンを使う時には、電源をコンセントにつながずに使うことをオススメします。また、スマホを充電しながら、スマホを使用することは避けましょう。直接的な電磁波の影響を軽減できます。

まとめ

デスクワークが増える現代社会において、電磁波の影響は避けて通れません。しかし、適切な対策を講じることで、健康なテレワーク生活を送ることができます。スピーカーや有線イヤホンの活用、デジタルデトックスの実践、環境整備など、日常的な注意を忘れずに行いましょう。電磁波の影響を最小限に抑え、快適で安全なデスクワーク環境を整えましょう

電磁波について、気になる方は、こちらをご覧ください。

Report

電磁波デトックス

(アーシング)
レポート申し込み

アーシングは、スピリチュアルではなく、電磁波デトックスです。

テレワークやzoomが増えて、体の調子が

悪いと感じている方、


帯電している電気を逃すことで解消するかもしれまん。

しかし、電磁波デトックス(アーシング)をネットで調べてみると、間違っている情報がけっこうあります。

まずは、「電磁波デトックス(アーシング)

とは何か?
」知ることから


始めませんか?

料金

550円(税込)

contact

お問い合わせ

電磁波に関するご質問やお悩みなど


お気軽にお問い合わせください。